クラウドファンディング支援金

現在の支援総額
現在の支援総額
635,000

目標金額:2,000,000

 
達成率31.75%
募集期間:2022年9月20日〜2022年11月8日
募集終了まで残り:46日
支援者数:23人 / 1社 
(毎日更新)

プランA. 5人
プランB. 9人
プランC. 3人
プランD. 1人
プランE. 1人
プランL. 1社
リターンなし 4人

人生はチャレンジ!
こんな時代だからこそ、夢を語る大人で在りたい!

 

チャレンジをし続ける姿で、女性が活躍する可能性をひろげ、夢を持って生きる女性を増やしたい。
無価値感、虐待、自ら命を経ってしまう母親や子ども達を一人でも減らしたい。
大人である私たちが目を輝かせることで、子ども達の目を輝かせていきたいのです。

だから私はチャレンジをし続けます!

はじめに ご挨拶

 

はじめまして。
Virgelia World Pageant 2022
Miss Asia USA 日本代表の大工蘭子です。

私のことを少しお話しさせて頂きながら、この度、2度目の世界大会へチャンレンジする理由や目的をお伝えさせてください。

私は、宮崎県都城市で生まれ育ち、都城高専を卒業後、自分の夢に向かって上京。
その後、結婚を期に活動の場を変えざるをえなかったり、出産を期に自分の夢へ向かってのスピードを緩めたり、また育児をしながら自分の夢を追い続ける事の難しさなどを経験。
それでも、その環境の中でできることを見つけながら楽しく過ごしておりました。

そんな中、結婚、出産・育児がきっかけで、夢を諦めざるをえなかったり、育児に疲れ笑顔をなくしている女性をたくさん目にします。

社会との接点をなくし、自分は社会の役に立っていないと感じている方
家事育児に追われ、自分が本当にやりたいことがわからなくなっている方
やりたいことを我慢したり諦めたり
他人と比べて、自分は価値がない人間だと思っている方

特に、地方に住んでいる女性は、
「私なんて…」
「ここは田舎だから…」
と、夢を、自分のことを諦めてしまっていました。

なぜ、結婚や出産という素晴らしいライフイベントにより、こんなにもたくさんの女性が笑顔をなくしてしまうのだろう…
なぜ、女性が活躍しづらい仕組みになっているんだろう…
なぜ、あんなにも笑顔が素敵だった女性達が、可能性を閉じ込めることになってしまったんだろう…

女性が働き、活躍し続けることが難しい日本の現状を実感。

そう感じているうちに、
もっと女性が活躍できる社会が創れないか…
自分に何か出来ないか…
と考えるようになり
「そうだ、まずは自分にできることをしていこう!」
と、思い立ちます。

ところが、自分が2人目の子どもを妊娠したばかりだったので、何も行動にはうつせないままの日々。「いつかは!」と思って過ごしていました。

そんな時、父が癌宣告を受けて半年で他界。

最後の日…
病室のベッドの上で
何も喋れなくなってしまった父と、丸一日過ごした時のことです。

「何か言いたいことないのかな?」
「思い残したこととか、後悔してること、伝えたいことないのかな?」
と思いながら父を見ていた私に、父が、
「後悔のないように生きなさい。好きなこと、やりたいことを思い切りやりなさい。
と言ってくれた気がしたんです。

「いつかは!」と思っていても、「いつか」という日が来ることなんてどこにも保証されていないのに、
私は「いつか」が、「明日」が、普通にやって来ると勝手に思っている…

父のようにある日突然、余命宣告を受けるかもしれないのに…

一日でも長く生きたいと願う人がいるのに、その大切な一日を、ただなんとなく生きている…

私はその時

「愛する人を思い切り愛し、やりたいことを思い切りやる!」
と誓いました。

後悔のない人生を送るために。
自分の人生を生きるために。

人はみんな、自分の人生を生きることで初めて、輝くのではないでしょうか。
私は、みんなが自分の人生を生き始める、そのきっかけになりたいと思いました。

それは、遠方から駆けつけた私を待っていてくれて、伝えてくれた気づかせてくれた、父からの私への最後の教えであり、大きなプレゼントでした。

父の他界から半年後の2015年、女性活躍支援事業と地域活性化事業の会社を設立。
当時パートナーは単身赴任中、一人で0歳と2歳の子どもを育てながらの起業だったので、正直当時の記憶はないほど、必死な毎日でした。
翌年には、生まれ故郷、宮崎県都城市の女性活躍促進事業の委託を受け、更にたくさんの女性と接する機会も増えました。

そして2018年、「蘭子がやりたい女性活躍支援にぴったりなページェントがあるから、エントリーしてみない?」と、友人からのオファーをきっかけに、初めてのページェントへの扉を開きます。

自分自身がチャレンジする姿を魅せることで、更に、周りの女性に勇気をを与えることや、女性が活躍できるチャンスを創っていけるのならと、女性活躍・地方創生・社会貢献を掲げたミセスページェントへエントリー。
当時、スカートを一枚も持っておらず、実は、「女性としての自信」が今一つなかった私からすると、本当にチャレンジそのものでした。

結果は、日本代表として世界大会へ選出して頂き、その経験を元に、2019年まだ開催がなかった九州の地でミセスページェントを開催。
その後、2020年〜2021年までの3年間で、みなさまの多大なるお力添えを頂きながら、5つの大会を主催させて頂きました。

この5大会を通して得た学びは大変貴重なもので、頂いた感謝の言葉や、サポートさせて頂いたみなさまが本来の輝きを取り戻していく姿は、私の心からの喜びとなりました。

自分を変えたい!自信を取り戻したい!という強い思いで、怖さを乗り越え、勇気ある一歩を踏み出す姿

人と比べて落ち込んだり人の言葉で傷付いたり、それでも自分を好きになりたいと、一生懸命前に進んでいく姿

思うような結果でなかったとしても、決して人のせいにはせず、自分と向き合いながら何度もチャレンジをする姿

仲間のチャレンジを心から応援し、一緒に喜び涙し、一緒に悔しさを味わい涙する姿

そのどれもが美し過ぎました。

私も勇気をもらった一人

 

その全てから、人が本来持っている可能性や本来の輝きを感じ、自分を諦めずに何度でもチャレンジする姿からは、勇気を与えようと思っていた私自身も勇気をもらうことに。

ふと、ファイナリスト達からもらった言葉を思い出します。

「蘭子さんは、もっと前に出て輝いていいのに」
「裏方も素晴らしいけど、蘭子さんは表に出る人。蘭子さんが活躍することがもっと周りの人を幸せにするんですよ」
「今度は私達が蘭子さんをサポートします」

私はみんなをサポートする立場だから。と、この3年間そこに拘ってきた気がしました。

みんなからもらった言葉をひとつひとつ、しっかりと受け止めた時、

「次のステージが来たんだ」

という感覚に。

ただ、正直に言います。

2度目の世界大会へのチャレンジは怖いです。
何もタイトルを獲れなかったらどうしよう、という2度目だからこそのプレッシャーがあります。
こうしてクラウドファンディングにもチャレンジして、応援してくださるみなさんの期待に応えられなかったと。

でも、だからこそ、チャレンジする意味があると思っています。
この怖さが、チャンスでありGOサインだということを知っているから。
その怖さを乗り越えた先に、また新しい世界が見えることを知っているから。

そして何よりも、この怖さに打ち勝っていく姿を、応援してくれている方に、そしてもっとたくさんの女性に見て欲しい。

今年私は、エントリー直前にシングルマザーになりました。
チャレンジを諦めるのは簡単なこと。でも絶対に、絶対に諦めたくなかった。
シングルマザーでも、人生の目標を持ち自らが望むように生きていい!

8歳と10歳になった子ども達は、私の一番の応援団です。
「ママ頑張って〜!」「ママが一番!」「優勝してね!」といつも言ってくれます。
そんな子ども達のためにも、ママが目標に向かって頑張る姿を見せたい!

大人になっても、結婚しても、ママになっても、シングルマザーでも、夢を持って自由に生きられる!

という幸せな未来を創り、証明して生きたいのです!!

みなさまへご支援のお願い

 

ただ…
覚悟は決まっているものの、現実はそう簡単ではなく…

アメリカロサンゼルスで開催される世界大会にかかる費用は、渡航費用やエントリーフィー、衣装代以外にもたくさんの経費が必要となり、このチャンレンジは、私一人の力では到底叶えられそうにありません。

世界大会を2ヶ月後に控えた今、トレーニングや準備に追われる中、どうしても自分一人では資金を作り出すことが難しい状況です…

どうか、みなさまのお力を貸して頂けないでしょうか?
クラウドファンディングを通してのご支援やご協賛、トレーニングや準備に向けたサポートをお願いしたいです。

クラウドファンディングのリターンは個人様向けと、企業様・団体様向けに15種類ほどご用意いたしましたが、この限りではありませんので、ご支援内容のご提案もお受けいたします。

HPやSNS投稿でのPR以外、ほとんどのリターンが世界大会が終わってからの対応となりますが、世界大会でグランプリを獲得した大工蘭子で、みなさまにご報告とリターンをさせて頂けますよう、頑張ってまいります。

どうぞ皆様の温かなご支援をいただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

これまでの活動

 

Mrs.Japan 2018 大阪大会に出場し準グランプリを受賞。
Mrs.Japan 2018 日本大会にて、Mrs.Asia Supreme Tourism 2018を受賞し世界大会への権利を獲得。
世界大会前夜祭にてBest Dresser 賞、世界大会にて Mrs.Asia Supreme Best Evening gown 2018を受賞。

2019年、Mrs.Japan 初となる九州での地方大会、Mrs.Japan 九州大会を開催。
2020年、2021年、Mrs.Japan 本部事務局にて、メディアプロデューサー兼クリエイティブディレクターを務めながら、Mrs.Japan 福岡大会と宮崎大会の2大会を主催。

2021年、2022年は、Junior.Earth.Japan 宮崎大会も開催。

コンテストの主催にとどまらず、メンタルトレーナー、ウォーキング講師、コンテスタントアドバイザーとして、コンテスタントに直接指導を行う。

2021年、一般社団法人プロフェッショナルウォーキング協会(PWA)のランウェイモデルインストラクター、ウォーキングインストラクターの認定を受ける。
2022年、PWAプロフェッショナルウォーキングインストラクターの認定を受ける。

ファッションショーのウォーキング講師、Mrs. 関西コレクション、THE WALK JAPAN の公認ウォーキング講師としても活動。

2022年、Virgelia World Pageant Miss Asia USA 日本代表となる。
2022年8月、Virgelia productions と Virgelia Japan 主催のアメリカンドレスファッションショーに出場。

その他、CDデビュー、ラジオ番組パーソナリティー、雑誌・ラジオ・TV出演、企業研修講師などを経験。

資金の使い道

 

・ページェントエントリーフィー
・エージェントフィー
・国内ビューティキャンプの費用
・国内ビューティキャンプ、イベント参加のためにかかる交通費と宿泊費(宮崎から東京・名古屋往復)
・パーソナルトレーニングやウォーキングレッスンなどの個人レッスン代
・大会渡航費(日本とロサンゼルスの往復渡航費)
・指定ホテルでの宿泊費
・大会で着用する3着分の衣装代(ナショナルコスチューム/イブニングガウン/フィナーレ用ホワイトイブニングガウン )
・ヘアセットやコスチュームに合わせた小物類などの費用
・写真集撮影代
・世界大会前のハリウッド講師陣によるビューティーキャンプ代
・現地での食費、生活費等
・現地でのサポートや通訳者へのフィー
・その他雑費

チャレンジの先にある未来

 

各国の女性が輝いて生きる姿は、未来の世界をつくる子ども達にとっての希望であり、それだけですばらしい価値があると信じています。

国を超えた多様性の団結を通じて、文化や観光を促進することは勿論、お互いの文化や習慣の違いを知り、女性が輝くためのヒントや気づきを頂くためにも、世界大会で頂いた各国代表者とのご縁を繋ぎ、大会後も交流を深めていきます。

グランプリを獲って帰国した先には、日本の女性を地域をさらに輝かせていくために、あるプロジェクトを立ち上げる予定です。(Thank’s partyにて発表予定)

世界大会出場という有難い経験をしっかりと活かした、一人一全ての出会いとご縁、お心遣いに心から感謝いたします。人が、本来の自分で生きれる世の中を創るための最初の1ページ。

引き続き、チャレンジを応援して頂けますと幸いです。

ここまでページをご覧いただき、本当にありがとうございました。

全ての出会いとご縁お心遣いに心から感謝いたします。

最後に

 

あなたの夢は何ですか?

どんな時代も 大人が夢を語り
目標に向かって歩み続けることが
大切だと感じています

ありのままの自分を愛し
自分の可能性を信じ
笑顔で 今を生きている姿で
子ども達や女性達に 地域や社会に
勇気と希望を与えていきたい

それが
私にできることであり
私の使命です

 

2022年9月20日
大工蘭子

TOP